「三重・畿央」首都機能移転PR列車の運行と出発式の開催
写真

 三重県の経済団体で構成する「三重県経済団体首都機能移転推進協議会」は、首都機能移転先候
補地の「三重・畿央地域」を関西圏及び中京圏で広範囲にPRするため、近畿日本鉄道株式会社の
協力を得て、車輌にキャラクターやシンボルマーク等のペイントシールを貼った『「三重・畿央」
首都機能移転PR列車』を運行します。
 なお、PR列車の運行を記念して9月14日、近鉄上本町駅で出発式を行います。

■PR列車運行の概要
@主催
   三重県経済団体首都機能移転推進協議会 会長 堀木 博
    ※構成団体:三重県商工会議所連合会、三重県商工会連合会、三重県中小企業団体
          中央会、三重県経営者協会、日本青年会議所東海地区三重ブロック協議会
A共催
   伊賀地域首都機能移転推進協議会(伊賀地域の7市町村で構成)、(社)関西経済連合会、
  近畿商工会議所連合会、近畿日本鉄道梶A奈良県、三重県
B内容
  ・ 運行期間    平成13年9月14日 〜 平成14年5月 (予定)
           (衆院・国会等の移転に関する特別委員会において、平成14年5月頃を
            目途に移転先候補地を現在の3箇所から1箇所に絞り込む予定です。)
  ・ 運行路線    主に近鉄大阪線、名古屋線
  ・ 運行車両    4両1編成(一般車両 5800系L/Cカー)
   ・ 運行主体    近畿日本鉄道
  ・ ペイント内容  三重・畿央のキャラクターやシンボルマーク等
  ・ デザインコンセプト  「鳳凰」という伝説の鳥に因んだキャラクター。一回羽ばたくと三千
            里を行くという、壮大な飛翔力をもつ「鳳凰」が未来の日本に向けて三
            重・畿央から羽ばたいていくイメージが込められています。
            車体の基調となる色として、上部は澄み切った空を表す「青」を用い、
            下部には豊かな大地を表現した「緑」を使用しています。
   
■PR列車出発式
PR列車の1番列車が運行するのを記念して出発式を開催します。
また、「三重・畿央地域」の地元の名張駅で地元幼稚園の園児が列車を出迎え、運行を祝います。
 @日時
   9月14日(金)12:30〜13:15
 A場所
   近鉄上本町駅   地上コンコース(式典)、地上9番線ホーム(テープカット等)
 B式次第
  開式
  主催者挨拶
  PR列車概要説明
  来賓挨拶
   (移 動) 
  花束贈呈
  テープカット
※	PR列車は13:15発の宇治山田行き急行として運行します。
C出席予定者
   三重県経済団体首都機能移転推進協議会会長、三重県副知事、
   (社)関西経済連合会副会長、近畿商工会議所連合会会長、近畿日本鉄道兜寰ミ長 ほか
D名張駅での出迎え
14:21  PR列車名張駅着      (園児らによる出迎え)
14:27  PR列車名張発        (園児ら乗車)
14:30  PR列車桔梗が丘着  (園児ら下車)